event

ヒドロキシクエン酸と脂肪エネルギー

脂肪をエネルギーとして使うためのメカニズム

脂肪は脂肪酸という小さな単位に分解された後、エネルギーを生み出すミトコンドリアの中に入ります。ミトコンドリアに入った脂肪酸は、アセチルCoAという物質に変った後、クエン酸回路でエネルギーを生み出しています。このとき、アセチルCoAはクエン酸となります。

脂肪酸を大量に取り込む=脂肪からのエネルギーを取り出しすぎるとどうなるのか?

エネルギーの原料となる脂肪酸が大量に取り込まれると、クエン酸がつくられすぎて余ってしまい、ミトコンドリアから細胞質内にあふれ出てきます。この余剰のクエン酸にATPクエン酸リアーゼという酵素が作用するとアセチルCoA、マロニルCoAという物質になります。そのため、脂肪酸を取り込みすぎるとマロニルCoAがたくさんできます。細胞内にマロニルCoAが増えると脂肪酸の取り込みすぎであるという信号が出て、これ以上脂肪酸がミトコンドリア内に入らないようにブレーキがかかる、つまり、脂肪酸がエネルギー源としてつかわれなくなってしまいます。

ヒドロキシクエン酸を摂るとどうなるか

ヒドロキシクエン酸はクエン酸と構造が非常に似ているため、本来クエン酸と結びつくはずのATPクエン酸リアーゼがヒドロキシクエン酸と結びつきます。その結果、アセチルCoA、さらにはマロニルCoAがつくられないため、脂肪酸を多くミトコンドリアに取り込むことができるようになります。つまり、脂肪をエネルギーとしてつかう効率が上がるのです。